公益財団法人 神奈川県下水道公社

公社の目標 ≪信頼と技術力を高め 快適なくらしと豊かな自然を守る≫

下 水 道 の 維 持 管 理

下水道を毎日快適に使うためには、維持管理がとても重要です。神奈川県下水道公社では4つの処理場で、年間約2億9千万トンの下水を処理しています。下水は標準活性汚泥法により適切に処理し、法で定める排水基準値を遵守し、常に良好な放流水質を確保し、川や海の環境保護に努めています。ここでは維持管理、仕組み、役割などについて紹介しています。
下水処理場の運転管理 下水処理場やポンプ場の運転管理、電気・機械設備の点検・補修、下水管やマンホールの調査、点検、補修を紹介しています。
下水処理のしくみ 下水処理のしくみ 下水がキレイになるまでのしくみや設備について説明しています。
下水道の役割・使用上のお願い 下水道の役割についての説明、下水道を使用する時の使用上のお願いについて紹介をしています。
水質調査 下水道管から採水した下水や処理場で処理した水の水質分析・調査を行っています。
水質事故時のお願い 事業者の皆様向けに、水質事故時の対応について説明しています。
マンホール(ふた)の紹介 相模川・酒匂川流域マンホール蓋を見ることができます。
維持管理年報・調査研究報告書 相模川・酒匂川流域下水道の維持管理年報、公社の調査研究報告書を掲載しています。
下水道用語の説明・Q&A 下水道で使われている用語の説明、施設見学や下水道出張教室などでよくある質問について、その回答を掲載しています。