公益財団法人 神奈川県下水道公社

公社の目標 ≪信頼と技術力を高め 快適なくらしと豊かな自然を守る≫

水 質 調 査

  下水処理場で処理された水は、川や海に放流されます。
適切な処理を行い、自然環境を守ることが、私たちの使命のひとつです。
「処理のできない水が流れてきていない?」「水は本当にきれいになっている?」
様々な観点から、水質の分析を行っています。
水質分析対象 下水処理場では、様々な観点から、水質の分析を行っています。
その一部を紹介します。
「川や海に影響はない?」を確認する
○放流水
○放流先河川水
 下水処理場で処理をした水は、川や海に放流します。
 放流先の川や海の環境に、影響がないかを確認するため、放流水や、放流している川の水質検査を行っています。
「処理のできない水が流れてきていない?」を確認する
○流入水
○幹線(下水管)
○事業場排水
 下水処理場は、どんな水でも処理できるわけではありません。
 有害な水がたくさん流れてきたら、下水をきれいにしてくれる微生物は死んでしまいます。
 そのような事態を未然に防ぐために、処理場に流れてくる下水や、工場の排水の監視を目的とした水質検査を行っています。

マンホールからの採水の様子
水質分析項目 処理場から放流される水には、排水基準が定められています。
どのような項目があるのか、一部を紹介します。
生活環境項目


生活環境を保全する 上で維持されることが望ましい基準】
   ○ 水素イオン濃度
     水の酸性・アルカリ性の強さ
   ○ 生物学的酸素要求量
     分解に多くの酸素を必要とする有機物の量
   ○ 浮遊物質量
     水中に浮遊または懸濁している直径2mm以下の物質
                                  など
健康項目


人の健康を保護する 上で維持されることが望ましい基準】
   ○ アルキル水銀
     水俣病などの水銀中毒性疾患の主要な原因物質
   ○ ヒ素
     毒性が強く、飲み込むと腹痛などを引き起こし、死に至る場合もある
   ○ フェノール類
     種類が多く、消毒液などに使用されるものもあるが、
     慢性毒性として、神経症状などがみられる
                                 など
※ 環境基本法第16条を参照

分析方法 水質分析の方法や、使用している機器の一部を紹介します。
滴 定 法 比 色 法
 化学反応を用いて、目的物質の量を測定する定量分析法。
(対象:COD、ヨウ素消費量など)
 試料を発色させ、発色度合いから濃度を測定する定量分析法。
 測定には吸光度計を用いる。

(対象:シアン、フェノールなど)
還元気化水銀測定装置 ガスクロマトグラフ質量分析装置 融合結合プラズマ発光分析装置
 ガス化させた水銀イオンを、原子吸光法により測定する。
(対象:水銀)
 試料をガス化させて、目的の物質を分離。それぞれの物質量を測定する。
(対象:揮発性有機化合物(VOC))
 試料を霧状にし、分析対象元素に固有スペクトルを発光させて、その発光強度から試料中の元素の定性と定量を行う。
(対象:銅、鉛などの重金属類)
戻る