公益財団法人 神奈川県下水道公社

公社の目標 ≪信頼と技術力を高め 快適なくらしと豊かな自然を守る≫

下 水 処 理 の し く み

下水処理のしくみについて、説明しています。
① マンホール
② 除外施設
③ 沈砂池
④ ポンプ
⑤ 最初沈殿池
⑥ 反応タンク
⑦ 最終沈殿池
⑧ 塩素混和池
⑨ 放流口
⑩ 濃縮槽
⑪ 脱水機
⑫ 焼却炉
⑬ 水質検査
⑭ 中央監視室
⑮ 微生物たち
1 マンホール【汚水(おすい)ます】 2 除外施設 3 沈砂池
 生活排水(台所、風呂、洗濯、トイレ等)はマンホール(ます)に集まり、公共(市、町)の下水道管から、流域の下水道管を通り、下水処理場へ流れていきます。  工場、事業場排水の中には、下水管を詰まらせたり、下水処理に悪影響を与えるものがあるので、そのようなを有害物質取り除きます。  流れてきた下水は処理場に入ると、最初に地下深くにある沈砂池と呼ばれる池を通ります。ここでは下水に含まれている大きなゴミや砂を取り除きます。
4 汚水ポンプ 5 最初沈殿池 6 反応タンク
 沈砂池は地下深くにあるため、下水をポンプで汲み上げ、地上の施設に送ります。  沈砂池で大きなゴミや砂を取り除かれた下水は、最初沈殿池に入ります。
 この池をゆっくり流れていく間、沈砂池で沈まなかった小さなゴミが底に沈んでいきます。
 さらに水をきれいにするために、微生物の集まった泥(活性汚泥)を加えて、底から空気を送ります。
 活性汚泥は下水のよごれを食べてしだいに大きなかたまりとなって底に沈みやすくなります。
7 最終沈殿池 8 消毒施設【塩素混和池】 9 放流口
下水
(よごれた水)
処理水
(キレイになった水)
 反応タンクで大きなかたまりとなった活性汚泥を最終沈殿池でゆっくり流し、池の底に沈めると、水と汚泥が分離されて、私たちがよごした水がこんなにきれいになります。  最終沈殿池できれいになった水を消毒します。  消毒された水が、河川や海に放流されます。
 また、処理された水の一部は、処理場内で再利用(冷却水等)しています。
10 濃縮槽 11 脱水機 12 焼却炉
 最初沈殿池や最終沈殿池で底に沈んだよごれや微生物のかたまりを汚泥といいます。
 この汚泥が集められ、濃縮して水分を減らします。
 濃縮された汚泥に薬品が加えられて、さらに水分がしぼられ(脱水され)固形物となり、この脱水された汚泥を脱水汚泥といいます。  脱水汚泥は焼却炉で燃やされて灰になります。この灰は建設資材の原材料の一部として有効利用されます。
13 水質検査 14 中央監視室 15 反応タンクの中にいる微生物

くまむし
(マクロビオツス)

つりがね虫
(ボルティセラ)
 ここでは、法令で定められた基準に適合しているかを検査する水質試験が行われています。  下水量や汚泥量の変化に応じて適切な処理ができるように、常時処理施設の運転状況を監視しています。  下水をきれいにするために「微生物(びせいぶつ)」達がよごれを食べてくれます。その働き者の「微生物(びせいぶつ)」達を紹介します。