反応タンクを出た下水は次のようになっています。

流入水(処理場に入ってきた水)よりも濁って見えるよ!?

大丈夫。よく見てて!

反応タンクから出てきた下水には微生物(活性汚泥)がたくさん混ざっているため濁って見えます。
汚れを食べて太った微生物たちは重くなるため、水に沈みやすくなります。

すごーい!
汚れが沈んでキレイな水になったよ!

最初沈殿池で沈みきらない細かな汚れを微生物が食べることで、透明な水へと生まれ変わります。

最終沈殿池では4~5時間程度かけて汚れを沈めています。

沈んだ汚れには微生物がたくさん含まれているため、一か所に集めてから反応タンクで再利用されます。
また、一部は焼却処分するため濃縮設備に送られます。

最初沈殿池同様に、上辺のキレイな部分を消毒設備に送ります。