用語の説明
 用語の説明  公社ホームページ内や一般的に使われている下水道の用語を紹介します。

流域下水道 公共下水道 流域関連公共下水道 特定環境保全公共下水道 特定公共下水道 都市下水路
公共用水域 下水 流入水 放流水 活性汚泥 合流式下水道
分流式下水道 排水設備
下水管 汚水管 雨水管 マンホール
ます 公共〔接続〕ます 汚水ます
雨水ます
トラップ  
浄化槽〔単独浄化槽〕  合併式浄化槽  下水道普及率  「下水道の日」     


用  語 解  説

流域下水道

(りゅういきげすいどう)
 川や海などの水質を効果的に守るために、二つ以上の市町村の下水をまとめて処理するもの。
 流域下水道の設置及び管理は、原則として都道府県が行う。
神奈川県の流域下水道には、「相模川流域下水道」と「酒匂川流域下水道」がある。

公共下水道

(こうきょうげすいどう)
 家庭の台所や水洗トイレ、あるいは工場等からの排出される汚水を、道路に埋めてある下水道管に流し、下水処理場へ集めてきれいに処理するものと、集めた下水を流域下水道へ流して処理するものがある。
 公共下水道の管理は、地方公共団体(市や町)が行う。

流域関連公共下水道

(りゅういきかんれんこうきょうげすいどう)
 公共下水道のうち、汚水を流域下水道に排除するもの。

特定環境保全公共下水道

(とくていかんきょうほぜんこうきょうげすいどう)
 公共下水道のうち、農山漁村の居住環境の改善や観光地などの自然保護を目的として設置されるもの。

特定公共下水道

(とくていこうきょうげすいどう)
 公共下水道のうち、特定の工場や事業所の廃水を排除、処理するもの。

都市下水路

(としげすいろ)
 主に市街地の雨水を排除するもので、降雨時の浸水、滞水を防ぐ働きをする。下水路は蓋掛けをしていない。

公共用水域

(こうきょうようすいいき)
 河川や湖沼、海域等のこと。

下水

(げすい)
 汚水(家庭で使った汚れた水や工場廃水等)と雨水をあわせたもの

流入水

(りゅうにゅうすい)
 下水処理場に入ってきた下水

放流水

(ほうりゅうすい)
 下水処理場できれいになった水(きれいになり川・海に放流される水)

活性汚泥
(かっせいおでい)
 バクテリアや原生動物のような微生物の集まりのこと。

合流式下水道

(ごうりゅうしきげすいどう)
 下水を排除する方法の一つで、汚水と雨水を一緒に集めて下水処理場で処理する方法のこと。

分流式下水道

(ぶんりゅうしきげすいどう)
 下水を排除する方法の一つで、汚水と雨水を別々に分けて排除する方法のこと。
 この場合、汚水は下水管〔汚水管(下水道本管)〕を通って下水処理場できれいな水に処理して、川や海に放流します。また、雨水は下水管〔雨水管〕を通って、そのまま河川や海域に流します。


 分流式下水道の例
   *この他にも汚水と雨水を一緒に処理する合流式下水道もあります

排水設備

(はいすいせつび)
※イラスト参照
 家庭から出る汚水(台所、洗濯、洗面、風呂、水洗トイレなどで使用した後の水)や雨水をすみやかに公共下水道に流すための施設のこと。
 排水管、ます(汚水ます、雨水ます)など。

下水管

(げすいかん)
 汚水や雨水を流すための管等で、小さな物(直径10cm位)から大きな物まである。
 神奈川県の流域下水道では、最大4mの下水管がある。

汚水管

(おすいかん)
※イラスト参照
 汚水を流す管のこと。

雨水管

(うすいかん)
※イラスト参照
 雨水を流す管のこと。

マンホール

※イラスト参照
 下水管の清掃、換気、点検、採水等をするために、設けられる施設に設置されているもの。

 神奈川県内の流域関連市町のマンホール蓋はこちらをご覧ください。 (流域のマンホール蓋)

ます

※イラスト参照
 汚水や雨水を汚水管や雨水管に速く・円滑に流し、点検・掃除を容易にするために設けられるもの。

公共〔接続〕ます

(こうきょう〔せつぞく〕ます)
※イラスト参照
 家庭の排水設備と公共下水道とを接続するもの。

汚水ます

(おすいます)
※イラスト参照
 宅地内の排水管(汚水)どうしを接続するもの。

雨水ます

(うすいます)
※イラスト参照
 雨水を集めるもの。

トラップ
 台所の流し台や水洗トイレなどについている臭気逆流防止器具(しゅうきぎゃくりゅうぼうしきぐ)のこと。
 下水管内の悪臭やガスが家屋内に入るのを防ぐ役目をする。
P型、S型、U型など色々な形の物がある。

浄化槽〔単独浄化槽〕

(じょうかそう〔たんどくじょうかそう〕)
 家庭から出るトイレの排水を宅地内の地面に埋めてある水槽の中にためて、きれいな水にして排水するもの。

合併式浄化槽

(がっぺいしきじょうかそう)
 トイレの排水以外にも、台所や風呂などの排水も併せて宅地内の浄化槽できれいにして排水するもの。

下水道普及率

(げすいどうふきゅうりつ)
 下水道の普及状況を表す指標のこと。
 現在、下水道普及率としては、人口普及率(行政人口に対する下水道処理区域内人口の割合)が使用されている。

下水道の日
 下水道整備の促進について、広く国民に訴え、理解と協力を得ることを目的に9月10日を「下水道の日」とした。毎年、9月10日を中心とした前後1週間、イベント等を実施して下水道に関するPR活動が行われている。

 (では、なぜ9月10日なのでしょう?)
 9月10日・・・昭和36年に、当時の建設省、厚生省、日本下水道協会及び全国下水道促進会議の間で協議のうえ決定されたもの。9月10日決定したのは、この頃が立春から数えて220日頃で台風のよく来る時期を言われており、当時の国民が下水道に寄せる期待が洪水による浸水の解消にあったことから内水の排除を担う下水道の普及促進をアピールするのに最適な日であると判断されたためと言われている。

                                                     トップへ戻る